環境共生住宅に欠かせないのは

環境共生住宅に欠かせないのは、「居住環境の健康・快適性」である。省エネのためには快適性を我慢しなければならない、という理論は少し違っているように思う。もちろん冬は暑いほど、夏は涼しすぎるほど室温を設定することが快適というのではない。快適な温度のなかで生活したいというニーズは誰にでもある。またそのなかで生活することは健康を維持することでもある。しかし、室内の快適さを維持するために屋外の温度が上がり、このことが地球温暖化につながっていることも事実である。では地球環境と住環境のニーズ、この2つのニーズを両立させることはできないのだろうか。これを解決するために、民間企業と行政機関が協力して環境共生住宅の研究が進められている。環境にやさしい住宅の普及は、いまや地球規模のニーズなのである。日崎建設が開発したAF工法によるヒーローマンションの大きな特徴は、前述したとおり高気密・高断熱性である。「環境の問題はよく欧米と比較されますが、実際にスウェーデンやドイツのコンドミニアムをみせてもらいましたが、ペアサッシは当たり前、断熱もきちんとされています。2重サッシが当たり前になっているんです。賃貸住宅にしても同じです。あのあたりは省エネの問題などもうるさい地域で、タクシーだって冬場でも待ち時間はエンジンをとめなくてはならないくらい厳しい規制がありますから」いずれ日本もそのレベルになっていくことが予想されるが、さしずめヒーローマンションは、環境共生住宅に対応した住宅ということがいえるようである。「阪神大震災後、日本にも輸入住宅がたくさん入ってきましたよね。輸入住宅というのは暖かいところの住宅ではないのです。2×4は北米の住宅なのです。これがクローバルーズタングートになってきているのです」住宅環境では、北海道のほうが首都圏より数段先をいっているようである。都市圏の1戸建て住宅などでは、家の中にあってさえも温度差が激しい家がまだまだ多いようだ。「当社の注文住宅についていえば、全室暖房を設置しています。かなりオープンな間取りもありますが、冬場、氷点下20度以下に下がっても快適な生活ができます。吹き抜け部分の温度差もほとんどありません。断熱の性能自体が違いますから。この気密性・断熱性が悪ければ、下のほうはスースーして、上だけが暖かいということになってしまいます。もっとも、そういうのは北海道では売れませんが……」北海道では外が氷点下であっても、部屋の中はどこも暖かいという。 

移動に便利な大津市で新生活をスタート滋賀県の県庁所在地である大津市は県南西端に位置している街です。古くは近江大津宮が置かれた都であり、約1300年以上の歴史を持つ古都です。日本では京都市、奈良市に次いで国指定の文化財の件数が多い街です。歴史を身近に感じながら生活したいとお考えの方にオススメですよ。また、琵琶湖に面していることから古くより水上交通の要衝としても活躍していました。京都市と隣接している立地の良さから各方面へのアクセスにも便利です。そんな大津市でで新生活を始めようとお考えの方にご活用いただきたいのがこちらのウェブサイトです。当サイトでは大津市の賃貸情報を数多く取り扱っています。あなたの理想の住まいを見つけませんか?詳しくはこちらをチェック!

堺市の賃貸情報が満載のサイトこちらのウェブサイトでは、大阪堺市の賃貸物件情報をご紹介しております!堺市は交通のアクセスが良く、とても便利な場所なので初めて大阪に住む方にもとてもオススメの場所です!買い物もしやすく不便しない場所なので快適な暮らしができること間違いなしですよ!ぜひ大阪府内でお引越しを検討している方がいらっしゃいましたら、ぜひこの堺市にお引越ししませんか?新築賃貸や敷礼ゼロの物件などさまざまな物件情報をご用意してお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>